このエントリーをはてなブックマークに追加

9月

14

DLI Workshops at GTC Japan 2018

ディープラーニングと CUDA のハンズオントレーニング

Registration info

Description

NVIDIA Deep Learning Institute (DLI) ワークショップ

DLI ワークショップは、人工知能 (AI)、ディープラーニング、自動運転車、アクセラレーテッド コンピューティング (CUDA) 等の知識を実践的に学べるハンズオン トレーニングです。GTC Japan 2018 では 2 日目の 9 月 14 日 (金) に過去最大の 5 コースを開催。専門知識を持つ講師が皆様をガイドします。

下記のコース概要をご覧いただき、是非 GTC Japan 2018 の Web サイト からお申し込みください。また、1 社から 10 名様以上ご参加頂ける場合は、団体料金として 1 名様あたり 2 万円を割引します。お近くのエヌビディア社員、または DLI 責任者のエヌビディア佐々木 までご連絡ください。

各コースの概要

ディープラーニングの基礎 - 画像認識・物体検出

講師: 山崎 和博
エヌビディア合同会社 ディープラーニング ソリューション アーキテクト

このワークショップでは、ニューラルネットワークの学習とデプロイという、ディープラーニングの基礎について学びます。

  • 画像分類や物体検出のような、ディープラーニングにおいて一般的なワークフローの実装。
  • 性能を向上するための、データ、学習パラメータ、ネットワーク構造、その他の戦略を用いた実験。
  • 実世界の問題に適用するためのネットワークのデプロイ。

前提条件: このワークショップは初学者向けです。ディープラーニングに関する知識は不要です。

ディープラーニングの基礎 - 動画解析・自然言語処理

講師: 村上 真奈
エヌビディア合同会社 シニア ソリューション アーキテクト

このワークショップでは、畳み込みニューラル ネットワークとリカレント ニューラル ネットワークを組み合わせ、画像やビデオ クリップに含まれるコンテンツを効果的に処理する方法について学習します。 TensorFlow と MSCOCO データセットを利用してネットワークをトレーニングし、画像や動画からキャプションを生成する方法について学習します。修了後、さまざまな種類の入力データを必要とするディープ ラーニングの問題を解決できるようになります。

前提条件: 「ディープラーニングの基礎 - 画像認識/物体検出」ワークショップまたは同様の知識。

CUDA C/C++ によるアクセラレーテッドコンピューティングの基礎

講師: 森野 慎也
エヌビディア合同会社 シニア ソリューション アーキテクト

このワークショップでは、C/C++ により実装されたアプリケーションの高速化を、以下の項目を通じて学びます。

  • CPU のみで実行されているアプリケーションを、GPU 上で並列に実行することで、高速化します。
  • CUDA で重要となるメモリ管理のテクニックを活用します。
  • コンカレント (並行) 実行による高速化の可能性を明らかにし、CUDA ストリームを利用して実装します。
  • CLI および GUI のプロファイリング ツールを使って、さらなる高速化のアプローチを探ります。

このワークショップを修了することで、CUDA のツールやテクニックを用いて既存アプリケーションを高速化、最適化できるようになります。

なお、今回のハンズオン環境では Volta アーキテクチャの Tesla V100 GPU を利用します!Volta アーキテクチャでさらに進化したユニファイド メモリの機能などもお試し頂けます。

前提条件: 基本的な C/C++ の知識。

自動運転車のディープラーニングによる状況認識

講師:
手島 知昭 エヌビディア合同会社 オートモーティブ ソリューション アーキテクト
吉井 健一 エヌビディア合同会社 オートモーティブ ソリューション アーキテクト
薬師寺 寛 エヌビディア合同会社 オートモーティブ ソリューション アーキテクト

このワークショップでは、自動運転車に載せる DNN に関する設計、学習、デプロイの各手法について、 NVIDIA DRIVE PX2 開発プラットフォームを使いながら以下の項目を通じて学びます:

  • DriveWorks ソフトウェアスタックを用いたセンサ入力の取り扱い方
  • セマンティック セグメンテーションを行う DNN の学習
  • TensorRT による学習済みネットワークの最適化/検証/デプロイ

修了することで、 DRIVE PX2 を用いて自動運転車向けの認識処理を実装/最適化できるようになります。

「ディープラーニングの基礎 - 画像認識/物体検出」ワークショップまたは同様の知識。

ディープラーニングによる医用画像分析

講師: 阮 佩穎
エヌビディア合同会社 ディープラーニング ソリューション アーキテクト

このワークショップでは CNN を使って MRI 画像に様々な医用タスクと計算を行います。具体的には下記のことを学習できます:

  • MRI 画像にて画像セグメンテーション技術を使って左心室の位置を確定します。
  • MRI スキャンに CNN を用い、心室の拡張期ボリュームと収縮期ボリュームの差で心室駆出率を計算することにより、心臓病を診断します。
  • LGG の MRI スキャンに CNN を用い、1p/19q 染色体共欠失状態を確定します。

このワークショップを修了することで、CNN を用いて MRI 画像に応用することにより、様々な医療タスクを処理できるようになります。

前提条件: 「ディープラーニングの基礎 - 画像認識/物体検出」ワークショップまたは同様の知識。

事前準備のお願い

※「セキュアシート」をお申し込みいただいた場合、下記の準備は不要です。

  • Windows 7 以降、あるいは OS X 10.10 以降が稼働し、Wi-Fi に接続可能なコンピューターをご持参ください。(GPU は不要です)
  • Google Chrome または FireFox の最新版をインストールしてください。(Internet Explorer、Safari は不可)
  • 最新のセキュリティ更新プログラム(セキュリティパッチ)を適用してください。
  • アンチウィルス ソフトウェアのリアルタイム保護機能を無効化してください。
  • WebSocket 疎通確認をお願いします。「WebSockets (Port 80)」セクションの Connected、Data Receive、Data Send、Echo Test が全て “Yes” となる必要があります。この条件を満たさない PC ではハンズオンを受講できません。

多くの皆様のご参加 をお待ちしております。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

ksasaki

ksasaki published DLI Workshops at GTC Japan 2018.

09/05/2018 15:05

DLI Workshops at GTC Japan 2018 を公開しました!

Group

NVIDIA

Number of events 65

Members 1655

Ended

2018/09/14(Fri)

10:00
18:00

Registration Period
2018/09/05(Wed) 15:05 〜
2018/09/14(Fri) 18:00

Location

グランドプリンスホテル新高輪

東京都港区高輪3-13-1