新機能 イベントメッセージの予約機能を追加しました。イベント主催者様は、参加者へのメッセージ送信を事前に予約できます。詳しくはこちらをご確認ください。

新機能 イベント詳細画面に「参加者への情報」欄を追加しました。イベント管理者、発表者、参加者(抽選中や補欠は除く)だけに表示されるフィールドです。詳しくはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

Aug

5

GPU コンピューティング研究会 : 第 1 回 ディープラーニング分散学習ハッカソン

Organizing : 東京工業大学 学術国際情報センター GPU コンピューティング研究会、エヌビディア合同会社 共催:Chainer User Group、TensorFlow User Group

Registration info

Description

開催趣旨

本ハッカソンでは、すでに単一 GPU あるいは単一ノードにおいて複数 GPU を用いたディープラーニングを実践されている方またはチーム (1 チーム 3 人まで) を対象に、TSUBAME を利用した分散学習の実践を行います。受講料は無料です。
ハッカソンは参加者がディープラーニングのモデルおよびデータセットを持ち込み、マルチ GPU、マルチノードでの分散学習を実践する形で進行します。学術国際情報センター教員に加えて、Chainer、TensorFlow のスペシャリスト、及びエヌビディアのエンジニアがメンターとして参加し、お手持ちのモデルの精度や学習速度の向上をお手伝いします。
また、データ並列やモデル並列だけでなく、ハイパーパラメータチューニングによる分散学習を実践したい方も歓迎します。

メンター紹介

藤原秀平:株式会社メルペイ / Google Developers Expert (ML)
太田満久:株式会社ブレインパッド / Google Developers Expert (ML)
梅澤慶介:Chainer User Group / Chainerエバンジェリスト
柳瀬利彦:株式会社 Preferred Networks / エンジニア
成瀬 彰:エヌビディア合同会社 / シニアデベロッパーテクノロジーエンジニア
山崎和博:エヌビディア合同会社 / ディープラーニングソリューションアーキテクト
大串正矢:エヌビディア合同会社 / シニアソリューションアーキテクト

対象者

すでに単一 GPU または単一ノードにおいて複数 GPU を用い、Chainer または TensorFlow を利用したディープラーニングを実践しており、分散学習を実行したいディープラーニングのモデルおよびデータセットを持ち込める方。個人情報などデータの持ち込みが難しいデータセットの場合、データを匿名化したり、ダミーデータセットにするなどの対応をお願いします。
データの持ち込みはハッカソン前日までに完了させてください。選考結果の通知後にアカウント情報を送付しますので、ご自身にてデータを TSUBAME まで転送ください。データサイズが大きいなどでネットワーク経由での転送が難しい場合は、状況に応じてご相談に応じますのでご連絡ください。
SSH を介したコマンドライン操作による Linux 上での作業に支障のない方。Linux のコマンドライン操作に関する基礎知識が必要です。また、TSUBAME にインストールされているエディタ (Emacs、vim) を用いて,ファイルの編集を行う必要があります。上記のいずれかのエディタの操作にも慣れていない場合には,いずれかのエディタの予習を各自で行なっておいてください。

参加申込

下記の Web サイトからお申し込みください。申込者の中から 8 チーム程度を選定します。
http://gpu-computing.gsic.titech.ac.jp/node/101
申込締切は 2019 年 7 月 12 日 (金) 17:00 です。選定結果は、2019 年 7 月 19 日 (金) 以降に代表者様へメールにて通知します。

講習会概要

受講者が自分のノートパソコン (無線 LAN の機能があるもの) を持ち込んでください。
ノートパソコンの OS は、Windows、Mac どちらでも構いませんが、無線 LAN 接続により SSH を用いて TSUBAME へ接続ができることが必要です。有線 LAN での接続はできません。
Windows 利用の場合 Cygwin および Cygwin 内の ssh コマンドのインストールをお願いします。また、他の OS を利用の場合にも、同コマンドがインストールされているか事前にご確認ください。
演習の実施に当たり、受講者に TSUBAME を数週間利用できる無料アカウントを発行します。
利用可能なリソースは、TSUBAME 4 ノード (GPU 16 基) です。
Docker コンテナを実行することが可能な Singularity を利用することができます。ただし TSUBAME 上ではイメージを編集することはできません。

講習会プログラム

1 日目
 09:30 - 10:00 受付
 10:00 - 10:20 TSUBAME 紹介
 10:20 - 10:40 分散学習基礎講座
 10:40 - 11:00 ChainerMN 紹介
 11:00 - 11:20 TensorFlow での分散学習紹介
 11:20 - 12:00 参加チームの自己紹介
 12:00 - 13:00 休憩
 13:00 - 17:00 実践 (適宜自由に休憩)
 17:00 終了
2 日目
 10:00 - 16:00 実践 (適宜自由に休憩)
 16:00 - 17:00 実践内容の共有
 17:00 アンケート記入・終了

問い合わせ先

gpu-computing@gsic.titech.ac.jp

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

yukofuji

yukofuji published GPU コンピューティング研究会 : 第 1 回 ディープラーニング分散学習ハッカソン.

07/05/2019 14:01

GPU コンピューティング研究会 : 第 1 回 ディープラーニング分散学習ハッカソン を公開しました!

Group

NVIDIA

Number of events 73

Members 1719

Ended

2019/08/05(Mon)

10:00
2019/08/06(Tue) 17:00

Registration Period
2019/07/05(Fri) 14:00 〜
2019/07/12(Fri) 17:00

Location

東京工業大学

東京都目黒区大岡山2-12-1