新機能 イベントメッセージの予約機能を追加しました。イベント主催者様は、参加者へのメッセージ送信を事前に予約できます。詳しくはこちらをご確認ください。

新機能 イベント詳細画面に「参加者への情報」欄を追加しました。イベント管理者、発表者、参加者(抽選中や補欠は除く)だけに表示されるフィールドです。詳しくはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

Aug

7

最新 GPU の性能を引き出す方法

Automatic Mixed Precision で学習を高速化

Organizing : エヌビディア合同会社

Registration info

Description

Volta や Turing アーキテクチャの最新機能、使いこなしていますか?

Tesla V100 や T4、そして TITAN V や GeForce RTX といった GPU に搭載されている「Tensor コア」は単精度 (32 bit) と半精度 (16 bit) を組み合わせた混合精度演算にフォーカスした新しい演算ユニットです。これを活用することでモデルの性能を維持しつつそのサイズを削減するとともに、学習や推論を高速化できます。また、Automatic Mixed Precision (AMP) 機能により既存のモデルにわずか数行のコードを追加することで Tensor コアによる混合精度演算に対応させることができます。

このウェビナーでは次のことを学べます

  • ニューラルネットワークの学習における混合精度演算の利点
  • Volta / Turing アーキテクチャの Tensor コアによる混合精度演算の性能
  • Automatic Mixed Precision (AMP) 機能を有効にする方法

開催概要

イベント名 Automatic Mixed Precision で学習を高速化
日時 2019 年 8 月 7 日 (水) 12:00 から 13:00
会場 ウェビナーとして開催しますので、どこからでもご参加いただけます!
主催 エヌビディア合同会社
参加費 無料
お申込み ウェブサイトからの事前登録をお願いします

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

講師

佐々木 邦暢
エヌビディア合同会社 データセンター ソリューション アーキテクト 日本マイクロソフト株式会社でミッションクリティカルシステム、サーバー仮想化、クラウド及びHPC のセールス・コンサルティングを担当。2010 年、東工大TSUBAME2.0 案件でGPU コンピューティングと出会う。2016 年エヌビディア入社。ディープラーニング、HPC 領域のマーケティング部門を経て、現在はソリューションアーキテクトとしてGPU インフラ領域で活動。

Presenter

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

eduidl

eduidl wrote a comment.

2019/08/10 22:04

別媒体で回答を得られたので回答不要です。

eduidl

eduidl wrote a comment.

2019/08/07 13:15

今回の資料の公開予定はありますでしょうか。私は視聴したので入手済なんですが、社内で共有できないかと思いまして。

yukofuji

yukofuji published 最新 GPU の性能を引き出す方法.

07/19/2019 15:42

「最新 GPU の性能を引き出す方法」を公開しました! Volta や Turing アーキテクチャの最新機能、使いこなしていますか?

Group

NVIDIA

Number of events 73

Members 1719

Ended

2019/08/07(Wed)

12:00
13:00

Registration Period
2019/07/19(Fri) 15:27 〜
2019/08/07(Wed) 13:00